富士登山マラソン

スポンサードリンク

富士登山マラソンとは?

富士登山マラソン、正式には『富士登山競走』といいます。山梨県富士吉田市が昭和23年(1948年)から、時期は毎年7月の第四金曜日に開催しています。普通にするだけでもかなり大変な登山とマラソン。その両方をあの日本一の富士山でやるという過酷な競争なのです。富士吉田市役所前を出発して吉田口登山道経由で富士山頂までの21kmを走る『山頂コース』と、5合目までの15kmを走る『5合目コース』があるのですが、これには厳しい制限時間が設けられていて、山頂コースで4時間半、5合目コースで3時間となっていて、山頂コースの完走率は50%以下です。富士登山マラソンは事故も伴う日本一ハードなレースと言えるかもしれません。

富士登山マラソンで結果を出すと・・・

富士登山マラソンでは結果が求められます。男子の部(山頂コース・五合目コース共)の1位〜10位と女子の部(山頂コース・五合目コース共)1位〜6位が表彰され、男女ともに山頂コースの優勝者には、賞状・トロフィーを授与されるのですが総合優勝者には・・・何と内閣総理大臣杯が授与されるのです!そのほかにも2000年の第53回大会までは、上位入賞者をスイスの「ユングフラウマラソン」へ派遣。2007年の第60回大会からは、男女優秀選手を友好関係にあるマレーシアの「キナバル山国際クライマソンレース」に招待しています。また、優れた結果を残した選手には、富士山マークのスペシャルゼッケンが付与されます。要するに富士登山マラソンは事故と背中合わせのハードなレースですが、その結果如何で大変な名誉が与えられるのです。本気度が俄然違ってくるわけですネ。

富士登山マラソンに参加するには?

富士登山マラソンに参加できるの時期としては、その年の4月1日現在で満18歳以上の健康な男女で、毎年4月下旬ごろからエントリー受付を開始しています。郵便もしくはインターネットからの申し込みとなり、ルート的には山頂コース2500名・五合目コース600名に達した日をもって締め切りとなります。富士登山マラソンの参加費は2008年の第61回大会で山頂コース・五合目コース共に6000円となっています。詳しくは主催者の富士吉田市役所の富士登山競走実行委員会まで。ぜひ腕自慢(脚自慢?)の方は何れかのルートを選択してご参加されてみては如何でしょう!過酷な競争ではありますが多くの危険や事故を省みず結果を残せた時、富士登山マラソンは皆さんにきっと多くの栄誉を与えてくれることでしょう!