履歴書 宛名

スポンサードリンク

履歴書の宛名の書き方

履歴書,宛名,宛名の書き方,書き方,封筒,ビジネス,会社,履歴書の書き方,送り方,見本

履歴書を書き終えて、さぁ、郵送!となったとき、封筒の宛名の書き方って・・・?と悩んでしまう人も多いと思います。宛名の書き方にも、ビジネス上のルールがあるんですよ。履歴書よりも先に、封筒の宛名は一番初めに見られるものです。あなたの常識レベルが一目でわかってしまうところなので、正しい書き方をしなければなりませんね。そう油断は禁物です。履歴書の送り方は、求人の募集要項などに従って宛名を書きます。必ず指示通りに宛名を書きましょう。また、(株)(有)と書かれていても、「株式会社」「有限会社」と省略せずに書きましょう。省略は失礼にあたります。宛名の「敬称」の書き方にもとくに注意が必要です。人事担当の名前がわかっていれば名前+様と書くようにしましょう。宛名が「人事部」や「採用係」など会社名や部課名の場合は「御中」をつけ、「人事部 部長」のように、「部長」や「課長」などの役職名が付いている場合は「殿」をつけましょう。まず自分で見本を書いてから清書した方が良いでしょう。裏に履歴書と同様の住所と名前も忘れずに・・・。


封筒の宛名の見栄えが良くなる書き方

宛名が封筒の中央に来るように全体のバランスを考えながら書くと、見栄えが良いですよ。住所部分と、宛名部分で文字の大きさにメリハリを付けると、よりキレイに見えます。会社名などの宛名は、住所より大きめに。履歴書を書くときもコピーなどして下書きしたりしませんか?封筒に宛名を書くことに慣れていない人も多いと思いますから、封筒と同等の大きさの紙に下書きして見本を作ってから、それを見ながら封筒に宛名を書く、という風にすると上手く書けると思います。履歴書はしっかり書いたけど、封筒の宛名の書き方によっては印象を下げてしまいますから、最後まで気を抜かずに書き上げましょう!履歴書の書き方から意中の会社への宛名の書き方、そして送り方までビジネスのルールに則って取り組んでくださいネ。